業務改善助成金

近年毎年、最低賃金が引き上げられております。毎年10月の改正の度に「来年は賃金上げなくては・・。」とヒヤりとする場面も多いかと思います。そんな事業所様におすすめです。

★制度の趣旨

一人当たりの生産性(労働時間に対する成果の量)を増やすことで、同じ時間に対して高い給料を支給できるようにしましょう。という趣旨があります。

事業場内最低賃金を30円上げることで、最大100万円

の助成を受けることができます。

◆制度のメリット

 働き方改革で残業を減らしましょう。労働者の安定のために給料は増やしましょう。という時代ですが、その2つを同時に達成する手段の1つとして「人の手に頼らず機械に頼って、効率を上げる。」という手段があります。この助成金を使う事で、必要な賃金引上げと、生産性の向上がセットで達成できます。

●対象となる経費

 生産性向上のための設備投資に使った金額の一部が助成対象となります。

 助成額は下図になります。