助成金に取り組む際は、

①こまめな情報収集が必要

 制度は、年度で変わります。また、法律改正にあわせても変わります。目を離している間に、どんどん変わります。

②就業規則や、賃金台帳、労働環境整備

 働く社員の労働環境整備は、必須です。

 就業規則の整備や残業手当の計算間違は、支給にあたって大きな壁になることがあります。

③無理の無い制度変更

 「助成金のためだけに、やってもいない制度を導入する」のが一番やってはいけないことです。

 助成金申請に必要なものは、

①労働条件通知書

 社員を雇い入れた際に労働条件を明示した「労働条件通知書」や「雇用契約書」を取り交わしましょう。

 助成金の申請では必須です。

②出勤簿やタイムカード

 日々の出勤と退勤の記録は、働き方のチェックの基本です。

③賃金台帳

 出勤簿に基づく残業手当の計算が正しくされているかがチェックポイントになります。

④就業規則

 社内の制度がどのようになっているのか、チェックするポイントとなります。